出版物

ギガトンギャップ―気候変動と国際交渉
本書の主題である「ギガトン・ギャップ」は、その厳しい現実を象徴的に示した言葉です。2020年までの温室効果ガス削減目標を合計したときの排出量と、2℃目標を達成するために求められる排出量との間のギャップ(差)という意味です。2030年時点でのギャップは、実に14~17ギガトン(140~170億トン)に達します。本書では、人類の未来を左右する危機を迎えるなか、ギガトン・ギャップを埋めるための、さまざまな立場の専門的知見による見解をまとめました。 価  格:1600円(+郵送料)
発  行:2015年11月発行
ページ数:
内容を詳しく見る ご注文はこちら
カーボン・レジーム―地球温暖化と国際攻防
2013年以降、京都議定書はどうなるのか。コペンハーゲン合意でよいのか。今後の国際枠組みはどうなっていくのか。そして、日本、我々はどうすればよいのか。国際交渉を読み解くために、多角的視点を提供すべく、多様な執筆陣とした。(2010年11月発行、107ページ) 価  格:1,200円(+郵送料)
発  行:2010年11月
ページ数:107ページ
内容を詳しく見る ご注文はこちら
題名 発行(頁数) 価格
地球温暖化防止のための環境税資料集~適正な制度構築に向けて~政党部会・省庁・NGO提案と分析、報道資料(コピー版) 2005年3月  800円(+郵送料) ご注文はこちら
日本のODAと「持続可能な開発」 -地球サミット以降10年の政策を振り返って- 2003年10月 60ページ 1000円(+郵送料) ご注文はこちら
水の民営化の実情 -アジアの実例と水の民営化・商品化を推し進める力- 水の民営化をめぐる問題点を、アジア4ヶ所の実例を挙げて解説した調査レポート 2003年3月 (18p) 300円(+郵送料) ご注文はこちら
  • 出版物

運営サイト

Fair Finance Guide Japan
No Coal,Go Green!
PAGETOP
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-3-2 
三信ビル401(事務所へのアクセス)
Phone: 03-3556-7323 
Fax: 03-3556-7328 
Email: JACSESのメールアドレスです
Copyright © 「環境・持続社会」研究センター(JACSES) All Rights Reserved.