開発と援助

持続可能な開発と援助プログラム

目標・活動概要

持続可能な開発と援助プログラム(SDAP)の目標は、公的・民間の金融機関が支援する開発プロジェクトにおける環境破壊・人権侵害をなくし、環境・社会的に持続可能な開発を実現することです。本活動の成果についてはJACSESの年次報告書を参照下さい。

現在、持続可能な開発と援助プログラムでは、インターンを募集しています。詳細はこちらを参照ください。

活動内容

1. 開発機関や民間金融機関の環境社会配慮政策の改善

開発プロジェクトにおけるネガティブな環境・社会影響を回避・最小化するために、日本政府、開発機関、民間金融機関の環境・社会配慮政策、情報公開制度、異議申し立て制度などを強化することを目指し、調査・政策提言を行っています。

2. 開発プロジェクトの環境・社会配慮モニタリング

開発プロジェクトにおけるネガティブな環境・社会影響を回避・最小化し、住民の意思決定への参加を強化するために、日本政府や開発機関が関わる開発プロジェクトの環境・社会影響を調査し、改善策の提言を行っています。

3. NGOの情報収集・分析・発信の強化と政策対話の促進

NGOが調査・政策提言を効果的に実施するための基盤作りとして、定期的な情報発信や政策対話のコーディネートを行っています。

過去の活動

担当: 田辺有輝

最近の活動

  • 出版物

運営サイト

Fair Finance Guide Japan
No Coal,Go Green!
PAGETOP
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-3-2 
三信ビル401(事務所へのアクセス)
Phone: 03-3556-7323 
Fax: 03-3556-7328 
Email: JACSESのメールアドレスです
Copyright © 「環境・持続社会」研究センター(JACSES) All Rights Reserved.