JACSES
English Page
 
プログラム
・開発と援助
・税制と財政
・気候変動
・地球サミット
・NGO強化
・フロン
・グローバリゼーション
・環境容量
・水の民営化
 
団体概要
・団体のビジョン
・理事とスタッフ
・会員募集
・インターン募集
・事務所へのアクセス
 
出版物
 
リンク
・開発と援助
・税制と財政
 
HOME

JACSESスタッフ・理事紹介

古沢広祐 - ふるさわ こうゆう
代表理事


◆JACSESでの活動内容:
振り返ると、学生時代から環境関連の団体の活動に片足を突っ込んできた経緯が関係しているようです。直接的には、1992年の地球サミットにNGO団体の一員として参加、JACSESの設立に共感してメンバーに加わりました。運営・協力の脇役だったのが、世代交代とともに責任ある立場を引き受けることになりました。

◆経歴、JACSES外での活動:
1950年東京生まれ。 大阪大学理学部生物学科卒業。 京都大学大学院農学部農学研究科(農林経済)修了。農学博士。 現在、国学院大学 経済学部(経済ネットワーキング学科)教授 。 (特活)国際協力NGOセンター理事、市民セクター政策機構理事など。

地球環境問題に関連して永続可能な発展と社会経済的な転換
について、生活様式(ライフスタイル)などの問題も含めて究明。具体的には、環境容量(環境資源利用容量:エコスペース)と持続可能な生産消費パターンの研究、世界の農業食料問題とグローバリゼーション、環境保全型有機農業、エコロジー運動、協同組合運動、NGO・NPO論などについて研究している。

◆著書:
(単著)『地球文明ビジョン−環境が語る脱成長社会』日本放送出版協会。 『共生時代の食と農−生産者と消費者を結ぶ』家の光協会。 『共生社会の論理−いのちと暮らしの社会経済学』学陽書房。
(共著)『安ければ、それでいいのか!?』コモンズ。『地球の限界』日科技連出版社、他。

◆ メッセージ、抱負等、伝えたいこと:
無理せず、力まず、一歩下がって二歩進む、を信条にしています。

◆関連ウェブサイトへのリンク
 
古沢
ゼミサイト  http://kuin.jp/fur/kaleido.html

足立治郎 - あだち じろう
持続可能な社会と税制・財政プログラムコーディネーター

 

◆JACSESでの活動内容:
JACSES全体のマネージメントの責任を担っています。担当するプログラムは、「持続可能な社会と税制・財政プログラム」です。

◆経歴、JACSES外での活動:
学生時代、ODA改革、企業の環境対策強化のための調査/書籍出版等のNGO活動に取り組みました。東レ株式会社(営業部及び人事部)勤務を経て、1995年よりJACSESスタッフ。現在、横浜国立大学非常勤講師(「持続可能な発展」担当)、炭素税研究会コーディネーター、日本品質保証機構CDM諮問委員会委員、NPO法人気候ネットワーク運営委員等も兼務。

◆著書:
「環境税−税財政改革と持続可能な福祉社会」(築地書
館、単著)
、「地球の限界」(日科技連、共著)、「環太郎の会社のここが知りたい〜ぼくたちのエコロジー就職宣言」(ダイヤモンド社、共著)等。

◆ メッセージ、抱負等、伝えたいこと:
私が現在取り組んでいる税財政改革は、これまでNGOがほとんど取り組んでこなかった分野ですが、そえゆえ?改革しなければならない課題は目白押しです。また、公正で持続可能な社会実現のためには、税財政改革以外にも実施しなければならない課題が多数あります。遠い果てしない道のりですが、あきらめずに一つ一つ取り組んでいくしかありません。そのためには、皆さんのご支援が必要です。是非ご協力を!

田辺有輝 - たなべ ゆうき
持続可能な開発と援助プログラムコーディネーター

 

◆JACSESでの活動内容:
持続可能な開発と援助プログラム(SDAP)
海外のダムや発電所など、巨大インフラプロジェクトに融資する際に環境問題や人権侵害が起きないようにするためには、適切な政策や融資基準が必要です。私は主に、日本政府、国際機関、民間金融機関の環境・社会配慮基準や情報公開政策などをウォッチし、改善のための政策提言を担当しています。

◆経歴、JACSES外での活動:
1997年の温暖化防止京都会議(COP3)から国際青年環境NGO「A SEED JAPAN」にボランティアとして参加し始め、2000年度有給スタッフ、2002年度代表、現在は理事。2001年10月〜2002年11月まで世界自然保護基金ジャパン、気候変動プログラム担当パートタイムスタッフ。2003年2月現職。NGO Forum on ADB(本部:マニラ)国際運営委員、JICA環境社会配慮助言委員、ジェトロ環境社会配慮諮問委員、環境リスク調査融資促進利子補給事業の環境社会配慮に関する助言委員(環境省)も努める。

◆ メッセージ、抱負等、伝えたいこと:
社会問題を解決するときに、ひとつのアプローチだけでは解決できません。例えば、途上国の貧困問題を解決するために、たくさんのお金を途上国に送ることも重要ですが、そのお金が環境破壊や人権侵害を引き起こして、住民の生活を脅かせば、逆にその地域の貧困が深刻化してしまうケースもあります。だから、お金を送るアプローチも大切ですが、お金の行く先を監視するアプローチも大切なことだと思います。私たちは、途上国に向かうお金の行く先を監視する活動を行っていますが、継続した活動ができるよう、ぜひ、みなさんの支援をお待ちしています。

 

| BACK |

「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-3-2 三信ビル401(事務所へのアクセス
 Phone: 03-3556-7323 Fax: 03-3556-7328 Email:

 

Copyright JACSES All Rights Reserved.

 

home