JACSES
English Page
 
プログラム
・開発と援助
・税制と財政
・気候変動
・地球サミット
・NGO強化
・フロン
・グローバリゼーション
・環境容量
・水の民営化
 
団体概要
・団体のビジョン
・理事とスタッフ
・会員募集
・インターン募集
・事務所へのアクセス
 
出版物
 
リンク
・開発と援助
・税制と財政
 
HOME

JACSESのビジョン:
市民のチカラで政策を創る!
「環境的適正」と「社会的公正」の実現を


「環境・持続社会」研究センター(JACSES)は、持続可能で公正な社会の実現を目指して、幅広い市民と専門家の参加・協力のもと、調査研究・政策提言・情報提供を行うNPO/NGOです。

■JACSESの目指すもの

環境破壊や資源枯渇、貧困や経済格差の拡大、人権侵害など、私たちの暮らす社会は、数多くの難問を抱えています。これら地球規模の問題を解決するためには、問題発生後に対応するだけでなく、問題を発生させる社会構造を改善していくことが重要です。

「環境・持続社会」研究センター(JACSES)は、幅広い市民と専門家の参加と協力のもと、以下の手段を通じ、地球規模で「環境的適正」と「社会的公正」を実現していきます。

  • 専門性と実現性の高い「調査研究」
  • 社会的弱者の視点に立ち、特定の利益に左右されない独立した立場での「政策提言」
  • 一人一人が主体的に行動するための「情報提供」

これらの活動をさらに強化するために、どのような戦略が必要なのか?ぜひ皆さんといっしょに考え、成果を出していきたいと思っています。

■JACSESの誕生とこれまでの経緯

JACSESは、1992年、ブラジルで開催された地球サミットを契機として、市民の立場で独立した研究・政策提言・情報提供を行うNGOの構想が提起され、1993年6月に設立されました。現在、日本政府から途上国に向かう開発援助資金の改善を目指す「持続可能な開発と援助プログラム」と、日本国内の大量生産・消費・廃棄を見直すための政府資金の改善を目指す「持続可能な社会と税制・財政プログラム」が中心となって活動しています。

■JACSES団体紹介

■JACSES年次報告書

 

JACSESの歩み
1993年6月 設立
10月 「ポスト地球サミット市民ガイド」出版
1994年3月 「地球サミット・フォローアップ活動調査報告書」出版
4月 地球サミットフォローアップをめぐる国際状況についての調査開始
11月 「ともに生きる地球ー過剰消費よ さようなら!」出版
1995年1月 「気候変動をめぐる国際状況」出版
2月 「国連持続可能な開発委員会(UNCSD)の現状と課題」出版

「貿易と環境と永続的発展」出版
4月 <持続可能な開発と援助プログラム>発足
5月 "NGO Forum on the ADB" 主催のNGO戦略会議に参加

<ともに生きる地球・環境容量計算>プロジェクト発足
6月 政府開発援助(ODA)における環境政策 国際比較調査の開始

ブリーフィング・ペーパー「持続可能な開発と国際援助」発刊。(定期刊行物)
1996年3月 「生物多様性条約をめぐる国際状況」出版
9月 "Environment and Sustainable Development in Official Development Assistance since the 1992 Earth Summit " 出版
11月 MDBs(多国間開発銀行)の改革に関するNGOワークショップを開催
12月 国際セミナー「地球サミットから5年 持続可能な社会のために」を開催。(東京・アジアYMCA青少年センター)
1997年3月 上記セミナーの報告書を出版
「ODAにおける環境配慮と持続可能な開発〜地球サミット(1992年)以降の主要援助国7カ国における取り組み〜」を出版
「ともに生きる地球:環境容量」ワークショップを開催(環境パートナーシップオフィス会議室)
4月 大蔵省・NGO定期協議が始まる。JACSESがNGO側事務局となる。
5月 第30回アジア開発銀行定例会(福岡市)に参加。
1998年2月 国際セミナー「持続可能な生産・消費形態の実現に向けた現状と課題」を開催(東京青年オリンピックセンター)
10月 上記セミナーの報告書を出版
1999年2月 国際セミナー「アジアの持続可能なエネルギーへの道すじ」を開催(東京青年オリンピックセンター)
<「税制・財政のグリーン化」プログラム現「持続可能な社会と税制・財政」プログラム)>発足
1999年6月 「環境容量の研究/試算〜永続可能な地球市民社会の実現に向けて」出版
10月 セミナー報告書「アジアの持続可能なエネルギーへの道すじ」出版
11月 オープン研究会「税財政のグリーン化」を開催(国際協力プラザ)
2000年7月 ホームページ開設
10月 「税制・財政を環境の視点で考える」出版
2001年3月 国際セミナー「環境の世紀へ〜変えよう!税制・財政」を開催
5月 国際セミナー「市民にこたえる開発援助〜アカウンタビリティーを求めて〜」を開催
2002年8月 国際セミナー「地球サミット10年の危機」を開催
9月 世界水フォーラム(03年)の開催にあわせ、「水の民営化・商品化プロジェクト」を開始
2003年3月 国際セミナー「環境税〜地球・国・地方の切り札〜」を開催
8月 特定非営利活動法人(NPO法人)格を取得
8月 持続可能な開発と資金ウィーク(セミナー&ワークショップ)を開催
2004年7月 「環境税−税財政改革と持続可能な福祉社会」出版
2005年4月 京都議定書の約束期間の開始(08年)を前に、「地球温暖化防止と国際協力プロジェクト」を開始
2006年4月 「儲かれば、それでいいのか〜グローバリズムの本質と地域の力」出版
2009年4月 「カーボン・マーケットとCDM」出版

| BACK |

「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-3-2 三信ビル401(事務所へのアクセス
 Phone: 03-3556-7323 Fax: 03-3556-7328 Email:

 

Copyright JACSES All Rights Reserved.

 

home